連盟宮城県支部たより 平成25年7月度

連盟宮城県支部便り25.7月≫

管理栄養士・栄養士の認知度は?

平成25年度の日本栄養士連盟宮城県支部通常総会が終わりました。

  平成25年6月9日(日)にトランスシテイ―カンファレンス仙台で25年度の日本栄養士連盟宮城県支部通常総会が開催され、186名の参加を得て滞りなく終了しました。審議内容は下記の通りです。

  第1号議案 平成24年度活動報告と決算報告・監査報告

  第2号議案 平成25年度活動計画案と予算案案

  第3号議案 規約の一部変更

検討され承認を得ました。

  会員皆様の協力によりスムーズに進行し予定の時間内に終わりました。25年度も計画に基づき会員の待遇改善を図られるように活動を開始しますので、応援よろしくお願いします。

渡辺支部長の挨拶

1306-4DSCF0512

樋口幹事長の事業報告

1306-4DSCF0516

平成25年度日本栄養士連盟第38回通常総会が開催されました。

  平成25年6月23日(日)に新大阪イベントホール レ ルミエールで25年度の日本栄養士連盟第38回通常総会が開催され終了しました。審議内容は下記の通りです。

第1号議案 平成24年度活動報告と決算報告・監査報告

  第2号議案 平成25年度活動計画案と予算案案

  第3号議案 規約の一部変更

栄養士議員連盟が山東昭子参議院議員を会長に発足しました

  私たち管理栄養士・栄養士の地位の向上、業務独占等を政治面から応援していただくことになりました。栄養士制度関係法規の改正には議員立法が不可欠であり、国会議員191名の参加をえて力強い味方が出来ました。別紙に参加者名簿を添付します。

参議院選挙に向けて

  仕事をしていく上で、また皆さんの健康維持増進に向けて「こんなことって必要だよね」「専門職としての地位向上が急務だし、業務が正当に評価されるように」と常々感じていると思います。私たちの業務の基本となる、法令や制度などは議会で政策論議を経て決められます。政治の力が私たちの業務を大きく活かせることにつながります。数は力です。

  日本栄養士連盟では、私たち管理栄養士・栄養士としての専門職の声を、思いを、しっかりと政治の場に届け、実現に向けて取り組んでくれる議員を、一人でも多く議会の場に押し上げていくため、数々の取り組みを行っています。

  7月4日公示、21日投票となる参議院選挙は、私たちの思いを具体化できる千載一遇のチャンスです。候補予定者の政策をしっかりと見て、投票に活かしてください。

     宮城県支部のホームページは

「日本栄養士連盟宮城県支部」又は

 http://eiyourenmei-miyagi.org/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク